NEWS!
PICK UP!

【トランプリスク再燃でメキシコペソ急落】来週に迫った米大統領選に戦々恐々の投資家。米国買いの調整相場、FOMC12月利上げ示唆するか注目!

20161102ドル円日足チャート 20160706外為オンライン
1日のダウは105ドル安となりました。それでもダウは18,000ドル、S&P500の2,100ポイントを辛うじてサポートしています。材料になっているのは米大統領選で、ヒラリーとトランプの支持率が拮抗してきているとの報道が重しになっています。これまでヒラリー勝利が確実視されていたことから、米国買い(ドル高+米株高)になっていたポジションの調整が起きています。今晩は夜中にFOMC結果が発表されます。米大統領選直前の会合であり、波風を立てるような事は無いでしょう。12月会合での利上げ示唆を、どの程度強めてくるかがポイントになります。経済指標では、米10月ISM製造業景況指数51.9(予想51.7)となりましたが反応薄。やはり大統領選の結果待ちで、米国買い(ドル高+米株高)の調整がどこまで進むか、FOMCでドル買いとなるような強い12が利上げ示唆があるのかがポイントになるでしょう。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加