NEWS!
PICK UP!

【今週10/31-11/4為替相場見通し】米大統領選クリントン氏メール問題の捜査再開。日米英中銀が金融政策、米重要指標も目白押し。

20161031 20160706外為オンライン
今週10/31-11/4為替相場見通しです。先週末は米7-9月期GDP速報値+2.9%の発表まではドル高+株高で推移していましたが、FBIがクリントン氏メール問題の捜査再開と伝わるとドルも米株も急反落しています。これで大統領選の結果が変わるとは思えないものの、ヒラリー勝利が確実視されていただけに、慎重に結果を確認したいという心理にはなりそうです。その他、日米英中銀が金融政策を発表します。米重要指標も目白押し。ドル円は急反落して週末を迎えましたが、まだ下げに転じるイメージはありません。再度105円台に乗せていくか、大統領選の結果待ちで持ち合うかのどちらかでしょう。ドルと米長期金利、米国株は既に相当買われているだけに、何かあると急反落しやすい環境にあるのかもしれません。来週、新大統領が決まった後のドルと米国株の動きに注目しましょう。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加