NEWS!
PICK UP!

【今週10/17-21為替相場見通し】流れはドル高だがスピードはゆっくり。米企業決算が本格化、持ち合い続く米国株に動き出るか?

20161017ドル円日足チャート 20160706外為オンライン
今週10/17-21為替相場見通しです。米株式市場は7月前半から持ち合いに入っておりますが、持ち合い継続のまま10月後半に突入しました。為替市場はややドル高に動いておりますが、スピードはゆっくりとなっています。ドルインデックスは98.0ポイントまで上昇しており、米長期金利の上昇に合わせるようにドル高が進行しています。12月FOMC前後まではドルしっかりの展開が予想されますが、どの程度値幅が取れるかは不透明であり、あまり積極的に追いかける気がしません。基本的には米国株が動くのを待ちたいところです。今週は米企業決算が本格化します。証券会社の陰謀とも思える毎度毎度の低い予想は上回ると思いますが、決算の結果を受けて持ち合いを放れていくのか注目しておきます。米大統領選が迫っておりますが、選挙戦では終始トランプが劣勢で勝ちそうにありません。「万が一」が起きればショックは大きいものの、目先は話題になっていません。やはり米企業決算をまず見ていく事になりそうです。今週も頑張りましょう!

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加