NEWS!
PICK UP!

【米地区連銀経済報告】高技能職以外の賃金上昇なし。向こう数か月は同じ。FRB間違った利上げに踏み切るか?記録的な小動きのNYダウ不気味。

20160908ダウ先物週足チャート 20160706外為オンライン
◇7日に発表された米地区連銀経済報告(ベージュブック)では、1.高技能職以外の賃金上昇なし。2.向こう数か月は同じ。とのこと。長く完全雇用状態にある米国では、賃金上昇→インフレ圧力が高まるのを待っています。米国では株式市場が史上最高値、住宅価格は高く、完全雇用状態ですから、FRBに打てる手立ては残されていません。それでも株式市場の環境が良い事から、すべての買い手が買い終わると米株式市場は大天井となりそうです。これがいつ買い終わるかは誰にもわかりませんが、FRBが役目を終えたことは確かです。あとは余計な利上げ等により、マーケットを崩さない事だけが仕事になるでしょう。日銀もまた物価目標を達成することなく役目を終えた印象。9/20-21総括的な検証が行われますが、世界的な低インフレのため、日本だけインフレを作り出すのには無理があったという事でしょう。政策は間違っていなかったが、原油価格の下落や世界的な低インフレにより、目標は達成されなかったとなりそうです。今後早期に物価目標2%を達成するために何が必要かを検証すると黒田総裁は言っているものの、FRBが1年以上前から検証して解決策を見いだせていないのに、日本だけが見いだせるとは思えません。今はただ米国株のじり高を眺めながら、エネルギーを溜めこんだ市場が大相場に変化するのを待つのみです。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加