NEWS!
PICK UP!

【今週2/29-3/4為替相場見通し】米雇用統計より中国PMI・全人代に注目か?上海G20受けての反応、ドル円114.87ネックラインに出来るか?

20160229ドル円週足チャート 20160229外為オンライン
◇今週2/29-3/4為替相場見通しです。週末に上海G20が開催され特にサプライズはなく閉幕しています。今週末5日から全国人民代表大会(全人代)が開幕します。何かと話題を集めている中国PMI(1日発表)にも注目。全人代で何かポジティブな材料が出てくるかどうか。その後はECB(10日)→日銀(14-15日)→FOMC(15-16日)と続く金融政策に関心が集まりそうです。ECBドラギ総裁はすでに3月追加緩和を宣言しており、また失望となるのか注目が集まります。日銀は1/29マイナス金利導入を受け効果検証の期間が必要になるでしょう。今回の会合でマイナス金利の幅を拡大するとはとても思えません。やはり政策変更は4月末の会合になりそうです。FOMCは利上げ見送りが濃厚ですが、一応結果に注目。普通に考えれば6月→12月の2回でしょう。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero