NEWS!
PICK UP!

【米9月雇用統計】ネガティブサプライズ!「単発」とはいうが良いところがひとつも無い。頑なに年内利上げのFRBはさらに苦しい舵取りへ!

20151003ユーロドル週足チャート 20151003外為オンライン
◆2日に発表された米9月雇用統計は、非農業部門雇用者数14.2万人増(予想20.1万人増)、失業率5.1%(予想5.1%)、平均時給±0%、労働参加率62.4%と軒並み最悪の結果となりました。上方修正が期待されていた前回分の非農業部門雇用者数は17.3万人増→13.6万人増へまさかの下方修正となっています。ネガティブサプライズとなった雇用統計を受け、為替市場はドル急落、ダウ先物もショックで急落で反応しました。その後は異常とも思えるドル円の底堅さが継続し「行って来い」に近い値動きとなっています。頑なに年内利上げを主張するFRBは今後も「単発の指標では・・・」を繰り返す見通しですが、それにしても弱い内容でした。ドルの異常な底堅さは悪過ぎた雇用統計を受け日欧の政策期待が高まったのかもしれません。単に異常なまでの買いがあったとも考えられます。しばらくは値動きを追っていくしか無さそうです。短期的には異常なまでの底堅さを見せているドルですが、長期的に見れば米輸出にとってドル高と中国を中心とした世界景気・新興国景気減速がダブルパンチとなっていることから米議会等で問題になるでしょう。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero