NEWS!
PICK UP!

【株安+ドル安+円高】12/5までと全て逆の動き、クリスマス休暇前のポジション調整や損出しが行われていると考えるべきか?材料よりも相場は需給。

20141211Tドル円日足チャート 20141211外為オンライン
◆10日のNYダウは268ドル安、日経平均株価も400円安と12/5米雇用統計を境にこれまでとは逆の動き(リスク回避方向)が3日間続いています。「日銀ETF買いが出ない」というネガティブサプライズもあり大崩れになりました。ドル円、クロス円は円高、ドルも売られており「株安+ドル安+円高」と12/5までと全て逆の動きになっています。市場で起きていることは「クリスマス休暇前のポジション調整や損出し」です。出て来る材料が全て悪く見えるのは相場が下げているからでしょう。相場は材料よりも「需給」ですから材料を見過ぎないことが大切です。ドル円は10/31日銀追加緩和以降12円強上昇し、4円調整しています。ただそれだけの事です。今晩は米11月小売売上高が発表されます。米国ではクリスマス商戦の真っ最中であることから関心は高いでしょう。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加