NEWS!
PICK UP!

【ドル円106円台後半で高値引け】まだまだ勢いのあるドル円相場、108円台で買い一杯その上はオーバーシュートか?米国からの鉄槌あるか?

20140911Tドル円日足チャート 20140911外為オンライン
◆10日のドル円相場は、106円台後半まで上昇し高値引けとなりました。まだまだ上昇トレンドに勢いがあり、引き続き投機筋の決算前最後の勝負が続いています。米利上げ観測を背景としたドル買いが強まっておりますが、来週17日夜中FOMCあたりから利食いに入る投資家も出て来るでしょう。その後は10月半ばまでに揉み合いから調整に入る見通し。それまでの短期間に勢いでどこまで上値を追えるか注目しています。ポジションの傾きからはドル円108円台あたりでIMM円ショート14万枚程度まで溜まるイメージです。110円までチャート上のポイントがないとはいえ、109円から上は一旦オーバーシュートのレベルでしょう。普通に調整すれば105円レベル、悪材料が後押しすれば103円レベルでしょう。上昇の勢いが弱まってから予定どおり売り増して行く方針。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加