NEWS!
PICK UP!

【ドラギECB総裁発言にユーロ急反落!】「6月の会合で行動する」とほぼ断言、強引な口先介入でユーロ高抑制!米国株終盤に弱含みナスダック3日続落!

20140509ユーロ円日足チャート 20140509外為オンライン
◆8日の欧米時間には、ECBドラギ総裁が会見で次回会合での追加緩和を「約束」する発言を受けユーロが急反落となりました。非常の強い口調での追加緩和を示唆でなんだかの対策を出すことを市場に約束した格好です。投資家は「いつかこうなる」というイメージの中で「ついになった」というユーロの値動きだったかと思います。米国株はNYダウが堅調に推移したものの引けにかけてはやや弱い動き、ナスダックは3日続落、S&P500もマイナス圏で引けています。9日の日経平均株価はSQ絡みか寄付きから乱高下していますがこの先重要なのは米国株です。ユーロ相場は、ECBがユーロ高を断固阻止へけん制するなか対ドルで1.4を超えていくのか注目。円相場は、過度な円安が本当に日本経済にとって良いことなのか自体が怪しくなっています。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加