NEWS!
PICK UP!

【量的緩和縮小12月FOMCで開始か?】10/18米連邦債務上限引き上げ問題、イエレンFRB副議長が次期議長濃厚でドル安要因のなか地合い探る!

20130921ドル円日足チャート 20130921外為オンライン
◆来週9/23-27のドル円相場見通しです。注目を集めた9月FOMCを量的緩和縮小見送りで通過した市場は「株高+ドル安」へ傾きました。それでも週末のNYダウは185ドル大幅安、今後も10/18米連邦債務上限引き上げ問題、イエレンFRB副議長が次期議長濃厚でドル安要因が続く中でどの程度ドル円が底堅く推移できるかに注目しています。国内でもアベノミクス第2弾、消費増税とセットの経済対策などテーマになりそうな材料が多く続きます。この週末はドイツで選挙も行われており、メルケル政権が敗れれば波乱となります。波乱の場合にはユーロ安+株安ですが大きな流れは日米がつくり、欧・中が足を引っ張らないか?を見ていく展開が続きます。いずれにしてもドル円相場は10月にもうひと波乱あるのかどうかの見極めです。株安でも99円台をキープできればすぐに上昇するでしょう。下がってきた場合には買い増しのタイミングを探ります。ドル円の相場環境から言ってスクエアにするのは危険。




■□会員制メールマガジン「デイトレーダーZEROのFX投資塾!」では、ブログでは公開していないノウハウや情報をすべてお伝えしています。ご興味のある方はどうぞ!

【会員制】デイトレーダーZEROのFX投資塾!
→「デイトレーダーZEROのFX投資塾!」詳細はこちらのページをよくお読みください。





※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加