NEWS!
PICK UP!

【解散で買って選挙で売りに注意!】ドル円83.67、豪ドル円88円台まで上昇、週末国内総選挙に注目!米財政の崖問題やはり進展せず。

20121214Tドル円日足チャート 20121214外為オンライン
◆13日の欧米市場では、(米) 11月小売売上高 [前月比]+0.3%(予想+0.5%)、[前月比:除自動車]0.0%(予想0.0%)、(米) 新規失業保険申請件数34.3万件(予想36.9万件)が発表され、ダウは好感する場面もありましたが74ドル安でクローズしています。週末はいよいよ国内総選挙、自民圧勝観測が高まっています。ドル円・クロス円相場は、野田解散から買いが強まった部分が確実にありますので、予定通り自民圧勝となっても週明けに上昇したところでは一定の利益確定売りは出ると見ています。一方で日本は貿易赤字長期化と見られている事から、以前のような70円台の円高にも戻らずドル円は81-83円あたりで来年に向かいそうです。長期スワップ狙いで買っていた豪ドル円などは差益が予想以上に乗ったため今日半分、月曜半分で全部利益確定します。年内はスキャルピング・長期投資のみ続行、デイトレ・スイングは1月から再開します。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加