NEWS!
PICK UP!

【米住宅市場に回復の兆し】ブリュッセルEU首脳会議ほとんど期待ゼロのなか上昇するスペイン・イタリア国債買い入れの策でるか?

20120627T豪ドル円日足チャート 20120626外為オンライン
27日の欧米時間は、(米) 5月中古住宅販売成約 [前月比]が+5.9%(予想+1.5%)と市場予想を大幅に上回り、前日の(米) 4月S&P/ケース・シラー住宅価格指数や直近の米住宅指標の軒並み改善で明るい兆しが出てきています。NYダウは92ドル高、豪ドル円相場も80円台に乗せています。ユーロ相場はスペインの10年債利回りが上昇するなか「じり安」となりました。28-29日ブリュッセルEU首脳会議では、ユーロ共同債に関しては進展ゼロの見通しで失望濃厚ですが、目先はスペインの債券利回り上昇が無視できない事からこれに対する対策くらいは出るのでは?と考えています。来週は米6月雇用統計を中心に、一旦米国の経済指標に関心が集まりそう。短期売買も来週から再開したいと思います。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加