NEWS!
PICK UP!

ギリシャIMF絡みの支援策に消極的、ユーロ軟調。ドル円はユーロ円の下落につれ安、FOMC議事録もドル売り材料。

USDJPY20100407T時間足チャート 20100407外為オンライン
2010年04月07日10:07
おはようございます。6日の外国為替市場では、ギリシャがIMF絡みの支援策に難色を示していることからユーロが売り込まれユーロ円が下落しドル円も連れ安となりました。株価は調整したものの底堅く推移、ドル円・クロス円の調整も限定的と見ていましたが、ギリシャ問題でのユーロの下落が予想以上に大きくドル円も連れ安で93.66が6日安値となっています。今朝がたは93.56まで下げる場面があり、米3月雇用統計で下に突っこんだ93.55とぴったり面合わせ(ヒロセチャートでは少し下髭が出ていますが実際には93.55)時間帯も仲値前で買いやすかった事や、もともと93円台ミドルは買い予定だったことからスイング気味に押し目買いを入れました。93.61、93.57ロングで仲値直前に93.61は決済+70,000円でした。93.57ロングは同値ストップで放置していますが、またユーロ円の売りが強まればドル円も下げそうです。93.55はかなり意味のあるレートですのでこれを割り込んだ場合には押し目買いせず、デイトレに切り替えて様子を見たいと思います。

20100406取引明細

※ブログ読者様へ毎日ご訪問ありがとうございます!
1日ワンクリックづつ「熱い応援」よろしくお願いします↓
→人気ブログランキング(為替・FX)
→為替ブログ村(FXデイトレ派)

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

ZONE相場心理学入門もれなくプレゼント中!
→FXトレーディングシステムズ社タイアップキャンペーン詳細をみる期間限定。

FX専業トレーダーのポジションや投資戦略をリアルタイム公開中!
デイトレーダーZEROのデイトレブログ
http://fxday.livedoor.biz/

日々のトレードやチャートを動画で解説しています。好評です!
デイトレーダーZEROのFXチャート動画解説
http://fx-gvideo.blogspot.com/

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加