NEWS!
PICK UP!

ご質問の回答「キリのいい数字(1.4000とか1.4100等)という理由であればわかるんですが、1.4050はなぜ意識されたのでしょうか」

※このページでは読者の方から頂いたご質問にお答えしています。

—以下ご質問—

ZEROさん、こんばんわ。久しぶりに投稿させていただきます。
最近僕もユーロドルを始めたんですが、初歩的な質問かもしれないんですが、今回1.4050がポイントのようなんですが、確かに今週の取引が終わって、時間足で見ると1.4050前後で揉み合ったりダブルボトムやダブルトップが形成してるので意識されてるというのがわかるんですが、いつも意識されてるポイントがいまいちわかりません。いつもチャートの形(トップ、ボトム等)を見てエントリーしています。

キリのいい数字(1.4000とか1.4100等)という理由であればわかるんですが、1.4050はなぜ意識されたのでしょうか。1.4000と1.4100のちょうど間だからでしょうか?どこを見てチャートポイントと判断すればいいのでしょうか?

ZEROさんのおかげでかなりエントリーの精度が上がり、損切りもうまくできるようになってきました。
あと、このチャートポイントがわかるようになればかなりレベルが上がると思っております。

長くなって申し訳ないです。ご回答お待ちしておりますので、どうぞよろしくお願い致します。

—ここまで—

EURUSD20090612N時間足チャート

今週のユーロドル相場は8日ロンドン時間に1.38付近まで売り込まれた後は、9日・10日と1.4150付近までずっと買われています。一連の上昇トレンドを形成する中で、10日3時に1.41ちょうどまで上げた後、利益確定売りなどに押されながらも1.4050をサポートして上昇トレンドが継続し1.4150付近まで上昇しました。ロングでポジションを取っているトレーダーは、この上昇トレンド中のチャート足型をみて1.4050に買っているポジションのストップロスを設定してきます。実際に設定されているでしょうし、ポジションを持っていないトレーダーも1.4050に目先のストップロスがあることはわかります。したがって、1.4050を10日の22時台に割れてくると売りが優勢になります。

今度は売りで参加している側がサポートラインだった1.4050が再度近づく11日には、これをレジスタンスにして売っては見るものの、下にもなかなか行かずに11日NY時間にはショートを投げさせられる。買っている側はまた1.4050をサポートに見て買うが、上には伸びずにまた割れてきて投げる。この繰り返しにより「結局今週は1.4050を中心に上下でやるだけになってしまったなぁ」というところかと思います。来週以降はそれほど意識はされないと思います。ドル円などでも、売っても買っても大きなトレンドに発展しないときなどに、同じような局面がよくあります。

まとめると、元はといえば10日のNY時間で1.4050がサポートになったことと、ユーロドルが上げる材料、下げる材料ともに決定打がなく、このような「行ったり来たり」の展開になったかと思います。トレーダーは前回のサポートやレジスタンスのレベルを気にしている傾向もありますね。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加