NEWS!
PICK UP!

12日ユーロドルチャート解説、ロンドン時間はユーロ売りが中心。今週は1.4050を中心にした相場で揉み合い。

EURUSD20090612N時間足チャート EURUSD20090612N5分足チャート
18:00
こんばんは。12日のユーロドルチャート解説です。ユーロドルに関してはまだ「解説」というほどのものではありませんが、実際のエントリーを踏まえながら少しまとめておきたいと思います。5日に発表された米5月雇用統計では、最初はリスク許容度改善から買われましたが、その後は一転してドル売りになり、8日には1.38付近まで売られました。9日に買われた以降は時間足を見てわかるとおり、1.4050を中心に上でやるか、下でやるかだけの相場となりました。12日はロンドン時間に「ユーロ売り」が相場を主導しているテーマになっていましたので、1.4050割れからショートでエントリーし+50pipsで利益確定しています。5分足チャートからは、赤○で囲ったあたりが売りのポイントとみて良さそうです。

個人的な攻略法ですが、ユーロドルはロンドン・NY時間にトレードし、参加者が厚くなっていると予想できるときや、欧州通貨が相場全体を主導しているときにトレードすれば勝率は高いと思っています。最近の傾向からはロンドン時間が一番欧州通貨絡みのトレードがしやすくなっているように感じます。いずれにしても「値幅が大きそうなとき=トレンドが強いとき」に参加したい通貨ペアですね。現状は順張りのみ時間足を中心にエントリー判断をしています。ホールドする時間も数時間としています。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加