NEWS!
PICK UP!

8日ロンドン時間外国為替市場は欧州株安+NYダウ先物安、米利上げ観測からドル買い+円買いユーロドル1.39割れ。

EURUSD20090608L時間足チャート
17:00
こんばんは。8日のロンドン時間欧州勢は「欧州株安+NYダウ先物安、米利上げ観測」を材料に「ドル買い+円買い」となっています。動き始めたのはちょうど16時くらいでしたね。最初は「ドル買い」で入ってきたように見えましたのでドル円をロングにし、ユーロドルをフォレックストレードでショートにしました。ドル円はその後「円買い」も強まったので同値決済。ユーロドルは1.3920から大台割れ狙いで+30pipsでした。といってもFT口座は5Lotの設定ですので利益は小さいです。そろそろユーロドルにも再度参戦しようかと検討中ですが、先週の金曜などをみるとやられていた可能性も高いので、慎重に検証しています。

今後はデイトレメインの外為オンライン口座でもユーロドルの参戦を検討し始めましたが、条件をつけておこうかと考えています。まず、ドル円だけでも週に2回程度はしっかりとしたトレンドで「取りやすい」という局面はあることが多いです。問題は「円買い+ドル買い」でドル円は蚊帳の外というときですが、これは様子見も良い選択肢だと思いますので、まだ検討する余地がありそうです。ユーロドルに関しては投入Lot数とか、リスクとリターンのバランスが今ひとつ固まってこない感じがしています。なんとなくでは毎回50~100pipsくらいは狙わないとトータルでの利益が難しい気がしています。

最悪なのはドル円でずっとトータル利益が出続け、ユーロドルでそれを溶かすという展開になりますので、もうしばらくFT口座の5Lotで検証しようかと考えています。通貨ペア選択もすべて「参加者の自由」になっていますので悩むものですね。ちなみにデイトレードでは「ユーロドル、ポンドドル、ドル円、ポンド円」を使っている方が日本には多いかと思います。米国ではドルカナダやドルスイスなんかもトレードする人が多いようです。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加