NEWS!
PICK UP!

1日NY時間の予定、GMは日本時間21時に破産法申請。0時55分~オバマ大統領が米自動車産業について、ヘンダーソンCEOも会見予定。

USDJPY20090601L5分足チャート
19:00
こんばんは。1日のロンドン時間は「ドル売り」となりました。東京時間午後に入ると日経平均が堅調に推移したことから円売りが優勢になり、ロンドン勢の参入後は「ドル売り」となりました。ドル円は円売り圧力もかかるなかでゆっくりとした下落になりましたが、デイトレでは94.93からショートにし+30,000円でした。目立ったストップロスもなく、東京安値94.66が意識されるかもしれないとあって無理せず決済しました。ドル円をみて売ったというよりは、ロンドン勢参入後にドル売りが強まる中、ユーロドルとポンドドルがしっかりとした足型になっていましたので、ドル円も当分は下方向ということで負ける確率はほとんどなく手堅いところでした。95.20あたりから下げ始め、95円前後で揉みあっての2段目になりますので無理に突っ込み売りにしなくて良いかと思います。

NY時間にはGM破産法→オバマ大統領演説と続く中で、23時には米5月ISM製造業景況指数の発表がありますのでこれらを見ながらとなりそうです。21時半にも米指標がありますので一応見ておきます。ドル円相場は一気に崩れないものの上値が重い展開は続きそうですね、何か材料がでて大きく上昇する場面があれば、迷わずスイング気味に売っておきたいと思います。NY時間を中心に「ドル(中心)相場」になりつつあります。以前から申し上げているとおり「ドル安の地合い」は変わりませんが、米政府や米債保有国は「ドル暴落を望んでいない」という認識で完全一致していますので、投資家はみなドルを売りたいものの、当局側はひたすらドル擁護ということで綱引きになる展開を想定してトレードします。

ECBやBOC←バンクオブカナダも自国通貨高が進めば牽制発言をしてくると予想できますので、ユーロドル、カナダドルなどが必ずしも簡単に勝てる通貨ペアではないと思います。急進しているポンドドルもモデル系などがぐいぐい押しているだけの雰囲気で高値つかみになるリスクは高そうです。「一方的になりにくい」という前提で丁寧に押し目や戻りを狙うのが今の相場に合いそうです。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加