NEWS!
PICK UP!

GMヘンダーソンCEO「破産法適用申請の可能性が高まった」ドル円97.23まで下落、NYダウは金融株が調整し155ドル安+4.2万。

USDJPY20090512T時間足チャート
9:23
おはようございます。11日のドル円相場は大幅下落97.23までの下げになり、ショートカバーは97.73までと98円台まで戻すことなくクローズしています。デイトレでは200日線も重なる98.15-20割れからショート、98円台に最初に戻したところをまたショートというのが正解でしたね。一旦97.59で下げ止まりましたが98円台では上値が重く、戻しきれないところにGMということで97.23まで下げています。高いところで売っているショート筋が腰の入った売りでショートカバーしてこないところを確認し、97円台前半を狙ってくるタイミングでショートで入り+42,000円でした。97円台前半では昨晩も書いたとおり、FOMCで大きく跳ねたあとの調整で下げ止まった97.15-20あたりが一旦利益確定のターゲットになりやすいためここで下げ止まりとなりました。97.15-20の赤○で囲んだレベルは単にチャート上のポイントではなく、FOMCで買い上げた調整ということで非常に意味のあるレベルになりますので、最大でも一旦ここまでと見てショートは利益確定し、ショートカバー狙いの方は新規ロングを入れやすいポイントになりますが、上値は重そうなのでロングは慎重に。

今週は米経済指標も多く発表されますのでこれを確認しつつ、やはり材料がなくなってきたことで浮上してきた「米国債の利払い」などの需給関連への反応も良く見ておきたいと思います。あとは本日も中国の経済指標がありますが、発表時間なども良く分からないので難しいところです。結果によっては今後中国ネタは影響力が大きくなりますので気をつけましょう…といっても気をつけようがないですね^^。今週も戻りを待って売りというスタンスを継続します。東京時間仲値や株も一方的な下落でもないでしょうから戻る場面は必ずあると思いますのでじっくり待ちたいと思います。何か一時的にドル買いになるような材料がでてショートカバーせざるを得なくなったらチャンスかと思います。その空いた椅子を奪いたいですね。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加