NEWS!
PICK UP!

本物のプロトレーダーとは「難しい相場でも勝つ人」ではなく「簡単な相場にしか参加しない人」のこと。

※この記事は専業トレーダーを目指す超本気派の方向けに作成しています。

これは現在ZEROが目指している「トレーダーとしての最終形」になります。目指していると書いたのは「まだ実行できていない」という意味です。毎日相場をやっているとどんなに難しいレンジ相場でも、薄商いの閑散相場でも「たぶん上」とか「たぶん下」とか直感的な予想は常にあるものです。このような「よくわからない相場」に挑み、たまたま予想が当たり利益になってもほとんど意味がありませんし、目指すべき理想でも何でもありません。個人投資家に与えられた最大のメリットは「参加しない自由」「参加する自由」です。これを生かすなら「簡単な相場にのみ参加する」というのが理想になります。

※一般的な感覚による勘違い:ひとは小学校で算数を、中学校で数学をというように「より難しいこと」に向かっていくことを「ステップアップするとか上級者になる」と考えがちです。投資以外のほとんどはそのような性質があるからです。トレードでは逆に「誰でもわかる」ほうへ向かっていくのが上級者になっていくという通常と逆の進化をたどる必要がありますので錯覚しやすいですね。英文法の試験をすべてパスして単語テストだけに参加というのがありなのです。当然平均得点は上がります。

※例えば野球の試合であれば、相手のエース「ダルビッシュが今日は登板だから休もう」というわけにはいきません。その難しい相手をなんとか攻略しなければなりません。個人投資家には「参加の自由」つまりパスできる権利があるわけですから、簡単な相場と難しい相場が区別できるようにまで成長した時には「簡単な相場にのみ参加する」ことが本当のプロなのかと思います。

初心者の間はこの「簡単な相場」と「難しい相場」の区別自体がつきませんので修行が必要不可欠。中級者になると「簡単な相場」と「難しい相場」の区別はつくものの、やたらとエントリーしてしまう。そして運の悪いことに中途半端なエントリーでもある程度勝ってしまうことがります。これが原因で無限に中途半端なトレードが継続します。「よくわからない相場で勝っても意味がない」というのは、自信が無いし勝率も安定しませんから、結局いつまでもLot数をあげれないということになります。ここからは対策です。実際にどのくらいの頻度で「簡単な相場」があるのか?ですが、おおむね週1回程度です。

これを念頭において、全取引明細を公開できるようにしたいと考えています。先週までは「ど裁量のリスクの高いエントリー」もかなり含まれていましたので公開すれば混乱と質問の殺到が必至でした。4/24(金)には「簡単な相場」のみを意識してエントリーしましたので全取引明細を公開しています。これをできる限り公開していき、近いうちに1週間つながった全取引明細を公開していくという目標にチャレンジしています。実現すれば読者の方には日々のチャートやニュースなどと勝てる全取引明細という「問題と答え」が手に入り、解説=解き方となればと思います。私自身も見られているという意識を持ち「危なくて公開できないようなポジション」というのを取らなくなればひとつ壁を超えられると考えています。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero