NEWS!
PICK UP!

キャタピラー決算・BOC金融政策に注目、バンクオブニューヨーク・USバンコープは無視して良さそうです。米ストレステストへの思惑。

USDJPY20090421L5分足チャート
17:56
こんばんは、21日は東京時間朝方は株価の大幅下落に合わせて円高。ダウ先物が小幅安から切り返すと日経も下げ止まりクロス円は買い戻し、日経は213円安でクローズしています。早出欧州勢の入り際は「日経大幅下落」がすでに決定している材料で「当然戻り売り」から入ってきました。東京時間クローズ間際でも98.50が抜けれず97.80まで売られるも、ダウ先物・欧州株が小幅に切り返すとショートカバーが優勢となりNY時間待ちに入っています。NY時間はバンクオブニューヨークメロン、USバンコープが決算ですが、よもや1株利益や損失が材料になるとは考えにくいです。1株利益や損失ではない部分においてストレステストへの懸念が広がる展開なら材料視される可能性も捨てきれませんが「無視」としておきます。米企業決算での注目は「キャタピラー」金融機関でもなく半導体・ITでもないですし、「製造業」などへの影響を測れるとして注目されやすい企業です。他ではBOCですね。デイトレでは今日は確実なところでエントリーできましたのでエントリーポイントに関しては明細をご覧ください。ロンドン時間は+6万でした。チャート上赤い矢印からショートで入りました。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero