NEWS!
PICK UP!

米地区連銀報告ベージュブックに注目もダウ小動きでドル円・クロス円動意薄い、15日の欧州時間エントリーポイント解説。

USDJPY20090415N5分足チャート
23:50
こんばんは、この時間のNYダウは小幅上昇も小動きナスダックは小幅安になっています、ナスダックはグーグルなどの決算待ちですね。15日のドル円相場は東京時間は仲値後売られ、欧州時間は買い戻しとなりました。あまり目立ったエントリーポイントはないものの東京時間の高値だった99.15を抜ける直前の足型をご覧ください。赤○で囲ったところは「いかにも上抜けしそう」というのが読み取れるはずです、この足型はアセンディングトライアングルと同じで99.15抜けをロングで良いと思います。ここが何故ポンと跳ねるかですが、最近のドル円・クロス円相場は「円高に流れが変わったかな」と思っても、総じて「戻りが強い」ですよね、とにかく戻る。99.00-99.15は「もういいところだろ」ということで戻り売りをしているトレーダーが多いために、ここでストップがつきます。今回の下落の半値戻しが99.43ですから本当に戻りが強いです、ダウは14日130ドル下げ→15日30ドルしか戻していないことを考えても「戻りの強さ」が伺えます、これは売っている側も「おっかなびっくり」やっているということではないでしょうか、ますます利益確定が速くなりそうです。デイトレでは欧州時間の押し目買いを中心にトレードしましたが、あまり大きく取れたところはありませんでした、今日はもう寝ます。お疲れ様でした!    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero