NEWS!
PICK UP!

米経済指標改善、米銀見通し楽観的にダウ先物147ドル高、7日分ユーロドル時間足チャート解説。

EURUSD20090407時間足チャート
22:15
こんばんは、本日はデイトレはお休みしスキャルピングは少しだけポジションを取りましたがほとんど意味のない遊びトレードで終了しています。8日の記事で書いていました4/7ユーロドル時間足チャートの解説です。言葉で説明するのが非常に難しいのですが、初心者の方はあまり深く考えずに「チャートの読み方のひとつ」としてサッと読んでおいていただければと思います。中級者以上の方はこの日の時間足をみていかがでしたでしょうか?3/30から4/6まで上昇し、一般的には「ヘッドアンドショルダー」かと思われますがチャート上のbからcまでは「ものすごい売り手の意思」を感じます、上昇しているトレンドの中でcまで売られる足型の角度とも言えばよいでしょうか。別の表現をすればチャートbの部分がソーサートップ気味に強い売りを感じる足型になっていませんでしょうか。実際のトレードではチャートcを確認してからオレンジ枠内に反発したところで「矢印1の方向へ動いていくとは思えなかった」というのが率直な感想です。そのためヘッドアンドショルダーのエントリーポイントのセオリーを無視しオレンジ枠内で上げどまりを狙って売っていきました。ポイントは「ヘッド部分の足型」です、このような足型は非常にめずらしいと思いますが、通常の足型ではなく「需給のゆがみ」を強く感じます。ドル円の時間足チャートで1/6に似たような場面があったように思います、94.65まで上げた直後の時間足の足型です、この時と同じ何かを感じましたがいかがでしょうか?    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero