NEWS!
PICK UP!

中東情勢悪化にWTI原油48.81ドルへ上昇、カナダ・オセアニアなど資源国通貨強い、オバマ次期政権への期待でドル買い。

8:46
おはようございます、5日の外国為替市場ではオバマ新政権への期待感でドル買い、中東情勢の悪化による原油価格の上昇から資源国通貨(カナダ・オセアニア)買い、ユーロ売りとなっています。ドル円相場は93.59まで上昇「大分いいレベルまで来た」という感じです、95円を狙うほどの勢いはないかと思います、あげても93円台後半では売りが強まりそうです、同時にユーロドルも1.35レベルで底堅さが出てきそうですね。年明けは2日にドル円91.0のレジスタンス、5日にユーロドル1.38のサポートと注目していた大きめのストップを両方こなしましたのでしばらくは新しいチャートポイントができるのを待つ展開かと思います、本日はスキャルピング中心で目先のストップが溜まれば軽く取って行きたいと思います。

10:10
この時間はユーロの頭が重い感じですね、ユーロドルは1.3550-1.3650のレンジに入っていますが、値ごろ感からはユーロ買いをしないようにと考えています。欧州要人からちらほら利下げ観測も出ていますので…。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加