NEWS!
PICK UP!

ブッシュ大統領会見「金融安定化法に基づいて・・・」ダウ一時7000ドル台に突入!どうなるワシントンG7会合、10日のNY時間ドル円チャート解説。

20081010N
0:01
こんばんは、今日もダウは下落しています 8,308.62 -270.57 -3.15% ですが乱高下していて朝までどうなるかわかりませんね。今ブッシュ大統領がG7を前に会見を開きましたが「金融安定化法に基づき、できるだけ早く公的資金注入する」的な内容でした。ニュースや世間では「日程や規模などの具体的な対策」を連日G7に求め期待も高まっていますが、直近のG7会合は「集まるだけ」で具体的な対策がでたのは0回、皆無です。そもそも主要7カ国が集まって「何日までに何をします」などと具体的な対策を打ち出すことが可能なのでしょうか?国が違うのに?日付入りの具体策が出るのであれば「本当にサプライズ」だとZEROは考えています。マーケットでもプロのトレーダーは「具体策がでる」と考えているトレーダーは少ないハズで、もし出れば「株高+円安」となりそうです。過去10回はすべて「失望売り」と記憶しています…が、金融市場そのものがなくなると生活できないので「その具体策とやら」を密かに期待。10日のドル円相場はG7を前に動きづらい展開で荒っぽい動きもレンジ相場、ダウが大幅に下げるなら少し円高という程度だと思います、順張りの出番なくデイトレはお休みします。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加