NEWS!
PICK UP!

米株先物下落にクロス円大幅円高スタート、米国では決算の警戒感と金融安定化法案に懐疑的で軟調地合継続か。

8:30
おはようございます、6日の外国為替市場はシドニーがレイバーデーで休場、それでも取引開始直後(日本時間朝4時)から「リスク回避の円買い」となりドル円は104.50銭台まで下落、105.10まで戻して東京オープンも再度104.50銭台へ下落しています。今週から米企業決算がスタートし、半ばには米銀の決算も控えます。先週末下院で可決した金融安定化法案にも懐疑的な見方が多く米株先物が100ドル以上下落をしています、東京・ロンドン時間は特に材料のない中、米株先物をみながらの展開で株価・クロス円ともに軟調なレベルで揉み合いそうです。6日は主だった経済指標はありませんが、日銀金融政策決定会合が明日にかけて開催されます、おそらく何も出ないでしょう、この数年本邦政府&日銀は「何か実績を上げたことがありませんので」無風を予想しておきます。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加