NEWS!
PICK UP!

25日NY外為市況、米経済指標(耐久財受注・新規失業保険・新築住宅販売)悪化も金融安定化法案成立期待でダウ上昇、ドル円一時107.00に。

6:00
おはようございます、25日NY外為市況です。21:30に発表された(米)8月耐久財受注は-4.5%(予想-1.9%)で大幅悪化、(米)9/21までの週の新規失業保険申請件数は49.3万件(予想45.0万件)、23:00(米)8月新築住宅販売件数は46.0万件(予想51.0万件)と軒並み悪化にドル売りで反応105.60へその後、金融安定化法案成立期待でダウが一時300ドル上昇しドル円も107.00へ、ダウがダレて来るとドル円も利益確定優勢となりました。ドル円は底堅い動きで上値も重そうです、参加者が限られているためか短期売買中心相場になっていますね。ZEROは105.50でロング→106.00で利益確定した以外は様子を見ていました、もうしばらくレンジ相場が続きそうです、106.50を抜けたことでさらにレンジが切りあがった感じですが高値をつかまないように下落してきたドル円を買っていくスタンスをもうしばらく継続してみます。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加