NEWS!
PICK UP!

日経平均午前438円高!12650円へクロス円買い戻し優勢も今後の展開に疑問、今週のドル円相場。

11:00
こんにちは、朝方窓を開けて上昇して始まったクロス円ですが今週来週は「非常に」難しい相場になりそうです。最近のクロス円の売りでロングのストップはほぼ切れたでしょうし、週末にはGSE救済報道で目先のショートもストップを切らされたと考えています。今日は一旦下げ止まりからの「戻り高値の目安」を予想しておきたいと思います。インターバンク勢や短期筋のクロス円売りのターゲットになっていたのは「ユーロ・豪ドル・ポンド」でしたね、これはいつも通りでポンドは水準で考えるのは難しいですからユーロ円と豪ドル円を目安にしてみます。ユーロ円は下落直前は169円→150円と19円の下落、豪ドル円は104円→85円とこちらも19円の下落となっています。奇妙に1円と違わずに揃っていますが、半値戻しを目先買い戻しの目安としてみます。ユーロ円では159.50-160.00円、豪ドル円では94.50-95.00となります。正直このあたりまで買い戻されるようなことがあると、再度売りが強くなり2番底を探る展開を予想しています。最後にドル円相場ですが、105.50は当分は堅そうで、109円から上も重そうです。今週は107円台、108円台の2円を中心とした相場を予想、106円台に突っ込んだ場合はロング中心、109円から上ではショート中心にデイトレをしていこうかと思っています。材料としては米国の消費関連指標と来週16日~始まる米投資銀行の決算です。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加