NEWS!
PICK UP!

NYダウ5連騰!まだリスクオン相場継続中。英CPI予想下回りポンド急落、米6月住宅着工件数-12.3%へ大幅悪化。投機筋ドル買い余力探る。

20180719NYダウ先物日足チャート
18日は米企業決算が材料になりました。モルガン・スタンレーが4-6月期決算を発表し、前年同月比の利益が39%増となるなど好調でした。NYダウは79ドル高(+0.32%)、ナスダックは0.6ポイント安(-0.01%)でした。

パウエルFRB議長は2日目の議会証言で、初日ほど強気ではなく若干ハト派の印象。ドル買いが溜まっていた事もり、ドルは高値から反落しました。6月半ばから買い続けいている、投機筋のドル買い余力も大きくは無さそうです。

それでも米企業決算を受けて米国株が堅調に推移している間は、リスクオン相場という事から、ドル円・クロス円の下げは限定されそうです。VIX指数はさらに低下しており12ポイント付近、米企業決算通過までは安定相場と見ています。

ポンド相場は、英6月消費者物価指数2.4%(予想2.6%、前回2.4%)を受け急落しました。また、米6月住宅着工件数は117.3万件(予想132.0万件)と非常に悪い結果でした。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero