NEWS!
PICK UP!

利上げ観測浮上のユーロ、ポンド、カナダドルが堅調!代わりにドルが売り込まれる。米GDP確報値→個人消費が大幅に上方修正。

20170630ユーロドル日足チャート
29日の為替市場は利上げ観測が浮上したユーロ、ポンド、カナダドルが堅調。ドルが売られており、ドルインデックスは95ポイント台まで下落しています。円は売りで始まったものの、米国株が大幅安となる中、買い戻されています。

NYダウは0.78%安、ナスダックは1.44%安でした。ハイテク株が乱高下しており、値幅が大きくなっている事は、買い手にとって悪材料になります。四半期末による一時的なものか?長期上昇トレンドが終わったのか?見極めが難しいところです。米国株を買い上げる材料が無くなってきているのも事実。

国内では総務省から消費者物価指数(CPI)が発表されました。物価の基調を示す「生鮮食品及びエネルギーを除く総合」は0.0%(前回0.0%)とデフレ寸前なのが実態です。

今晩も重要指標が多く発表されます。米国株が安定するかどうかにも注目。買っていたユーロドルは、段階的に利食いを進めています。ポジションや投資戦略は、メルマガ内でのみ公開しています。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加