NEWS!
PICK UP!

独はタカ派、ECBは(思ったより)ハト派が良くあるパターン。テーパリングの道筋示すか注目!8日はユーロ急反落にも一応警戒。

20170606ユーロドル日足チャート
5日の米株式市場は小幅安で終始小動き。ドルは小幅に買い戻されています。ドルインデックスは96.80、ドル円は110円台半ば、ユーロドルは1.12台半ばで推移しました。ユーロは仏大統領選以降に急速に買われ、最新のIMMユーロロングは7万枚超。ドルも既に売られているところへ、米5月雇用統計がダメ押しした格好になり、ユーロ買い+ドル売りポジションが膨らみました。

短期的には、ポジション整理が必要な環境かもしれません。また、これまでドイツは常にタカ派スタンスでしたし、ドラギECBは常にハト派スタンスを貫いて来ました。いずれはテーパリングに向かうのは必至ですが、今回テーパリングを示唆するかどうか注目が集まります。8日ECB理事会直前にさらにトレンドが進んでいた場合などは、ユーロ反落にも警戒が必要になりそうです。

昨日はサウジやエジプトなど4か国が、カタールと国交断絶したとの報道がありました。英国でのテロもあり、世界中が閉鎖的になりつつあります。米国も保護主義や移民政策などで内向きになっています。こういった閉鎖的なスタンスへの変更が、長い時間をかけて貿易・経済に悪影響を及ぼして来そうです。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加