NEWS!
PICK UP!

【FRB週末雇用統計に自信あるのか?】投資家の思惑を呼ぶようなコメントが多い。米国株も米ドルも2日雇用統計で大きく動きそうな雰囲気。

20160831ドル円日足チャート 20160706外為オンライン
◇30日の為替市場はドル高、NYダウは48ドル安となりました。ジャクソンホール講演でのイエレン議長のタカ派発言、これをフォローするフィッシャー副議長のタカ派発言を受けたドル高が継続しています。投資家は今週末に発表される米8月雇用統計が、強い結果なのではないかと考え始めているでしょう。FRB内部にそうした根拠があって発言しているような雰囲気です。今年このパターンからのネガティブサプライズもありましたが・・・。いずれにしても、米雇用統計結果を受けた米国株と米ドルの動きは重要になりそうです。経済指標では、米8月消費者信頼感指数101.1(予想97.0)と非常に強い結果。今晩は米8月ADP全国雇用者数、1日米8月ISM製造業景況指数と重要指標が目白押しです。市場はとにかく米利上げ時期をテーマにやっていますから、米重要指標を受けての9月利上げ確率、年内利上げ確率の変化を見てドルを売買することになるでしょう。「つまらない、退屈な相場」と言えるかもしれません。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加