NEWS!
  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.3銭固定に!

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭固定に![時間限定]

  • YJFX![外貨ex]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

【英米3連休前で閑散取引】安倍首相「リーマン・ショック」キーワード繰り返す。消費再増税見送りへの布石か?イエレンFRB議長講演に注目!

20160527ドル円日足チャート 20160511外為オンライン
◇26日のドル円相場は下落。日足雲下限の攻防になっていますが、方向感に乏しい状態です。米経済指標は、米新規失業保険申請件数26.8万件(予想27.5万件)、米4月耐久財受注+3.4%(予想+0.5%)、除輸送用機器+0.4%(予想+0.3%)と予想を上回っています。ドルインデックスは95.16高止まり、NYダウも23ドル安で過去2日の大幅続伸から大きく下げずに高止まりしています。伊勢志摩サミットでは、安倍首相が「リーマン・ショック」を繰り返し、如何にも消費再増税見送りへの布石という印象。「危機(クライシス)とまで言うのはどうか」と疑問も出ているとの事。今晩はハーバード大学でのイエレンFRB議長講演に注目が集まっています。おそらくヒントを与えないか、ハト派発言になるでしょう。英米が3連休入り→月末になるため、相場は6/1~再開というイメージで良さそうです。5月GW明けから後半の相場は薄商いの膠着状態で、特にドル円と日経平均は動きが出ませんでした。月が替われば材料も出て動きが出てくるでしょう。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

【動画】伊勢志摩サミット開幕!市場は期待よりも失望に備えて声明待ちか?ドル円は東京時間午前に急落。今晩は米経済指標に注目!

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。


5/25の主な材料【経済指標と要人発言】
・独5月Ifo景況感指数107.7(予想106.8)
・米3月住宅価格指数+0.7%(予想+0.5%)
・NYダウドル145ドル高、ドルインデックス95.34。

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

【ポンド全面高】米利上げで金融株、原油高でエネルギー株が強い!ダウ145ドル高、伊勢志摩サミットからの要人発言に注目!

20160526ドル円日足チャート 20160511外為オンライン
◇25日のNY市場ではダウが145ドル高で続伸しています。前日の流れを引き継ぎ米利上げで金融株、原油高でエネルギー株が強い展開となりました。為替市場ではポンド全面高となっています。ポンドの上昇は英国のEU残留が濃厚となる中、売っていたポジションの買い戻しが起きているだけでしょう。国内では伊勢志摩サミットが開幕しました。経済面では海外からの注目を集めていません。理想としていた協調財政出動は行われず、出来るところはやりましょうという雰囲気のまま閉幕しそうです。伊勢志摩サミット後も安倍首相が会見をする予定ですが、6/1と見られている1億総活躍プランを発表する会見のほうに注目をしておきます。同時に消費再増税見送りがあるか?ドル円は5/3安値105.55から110円台後半までと、中途半端な買い戻しで終わっており、6月にもう一段の買い戻しもありそうです。投機円ロングが整理されたらまた売っていきたいと考えています。6月FOMCでの利上げや日銀の追加緩和にも少し期待。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

【動画】安倍首相6/1会見が濃厚!ドル円一旦上方向か?消費再増税に関する要人発言バラバラで読みにくい。閑散相場は継続中。

前日の材料と値動き、今後の投資戦略など。チャートを使って日々トレードと投資戦略を解説する動画「なんで動いた?昨日の相場」更新時間は毎営業日15~16時くらいを予定しています。


5/24の主な材料【経済指標と要人発言】
・独5月ZEW景気期待指数6.4(予想12.0)
・米4月新築住宅販売件数61.9万件(予想52.3万件)
・米5月リッチモンド連銀製造業指数-1(予想8)
・NYダウドル213ドル高、ドルインデックス95.58。

■FXポータルサイト・ザイFX!FXコラム「なんで動いた?昨日の相場」として提供中!    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero

【米新築住宅販売件数61.9万件】米6月7月利上げ観測一気に高まる!ドル高+原油高+株高。ドル円日足雲の中へ、7月10日選挙まで強い動きか?

20160525ドル円日足チャート 20160511外為オンライン
◇24日23:00に発表された米4月新築住宅販売件数は、61.9万件(予想52.3万件)と2008年1月以来の強い結果となりました。この結果を受け米6月7月利上げ観測が一気に高まり、為替市場はドル高で反応しています。ドル高にも関わらず、原油と株価が同時に上昇する強い地合い。7月半ばあたりまでは強い相場になるかもしれません。ドル高は長い目で見れば、米国にとっても新興国・資源国にとっても大きなリスク要因ですが、低金利による弊害バブルが膨らんでいる間はリスクオンを演出するでしょう。国内では6/1に1億総活躍プランと消費再増税見送りが発表されそうな雰囲気になっています。伊勢志摩サミットを通過して、6月相場はドル円と日経平均が強い動きをしそうです。米国は「指標が強く株も強い」という良好な環境の中で6月か7月に利上げ、英国民投票も残留派がかなり優勢になっており波乱はなさそうです。英国民投票でサプライズ離脱が無ければ7月まで強い相場になりそうです。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero