NEWS!
PICK UP!

【トランプラリー再開】トランプ大統領「今後2、3週間で税制に関する驚くべき発表をする。」ドル高+米株高、大型減税・インフラ投資の具体策に注目!

20170210ドル円日足チャート 20160706外為オンライン
9日のNY市場は、ダウが118ドル高、ドルインデックスは100.65へそれぞれ上昇しています。ドル円は111.58を年初来安値とし、ドル買い再開となりました。きっかけは米航空大手との会談にて、トランプ大統領が「今後2、3週間で税制に関する驚くべき発表をする。」と発言したことが材料視されています。驚くべき発表といっても単に「予算教書」のことだと思われますが、市場が期待していた大型減税・インフラ投資の具体策がいよいよ発表されることになりそうです。日米首脳会談を無事通過すれば、しばらく期待再開相場が続くかもしれません。あとは「今後2、3週間」と大統領が言っているため、今月中に予算教書演説をするという事ですから、これが市場の注目を集める材料になりそうです。ドル円は年始からの調整を十分にしており、ドルは反発しやすい環境になっていたのかもしれません。いずれにしても118.61-111.58という7円強が年間レンジになるとは考えにくいです。最低でも2倍の15円は動くと見て戦略を立てて行きます。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加