NEWS!
PICK UP!

【FOMC議事録(12/13-14分)】FOMCメンバー「景気認識強い。利上げサイクル早める必要。ドル高が経済の重しとなる。トランプ政策不透明。」との認識。

20170105ドル円日足チャート 20160706外為オンライン
4日はFOMC議事録(12/13-14分)の発表を待つ格好となり、ドル相場は方向感の出ない値動きが続きました。FOMC議事録では、1.景気認識の強さ。2.利上げサイクルを早める必要。3.ドル高が経済の重し。4.トランプ政策の不透明感などが議論されています。おおむね市場の認識と一致しているものの、ドル高を懸念していることがわかり、ドル売り材料になっています。今晩は米12月ADP全国雇用者数、米新規失業保険申請件数、米12月ISM非製造業景況指数と重要指標が発表されます。米経済指標に関しては、極端に悪い結果が続くことは考えにくく、一部の指標が悪いというだけでは、3月利上げに大きな影響は無いでしょう。材料視されにくいと考えられます。FRBの金融政策に影響が出ると、ドル相場への影響は大きくなります。経済指標よりもトランプノミクスと新たに浮上するリスク要因のほうが影響を及ぼすと考えています。NYダウは再び2万ドルの大台が目前に迫っています。こういった目標があるうちは崩れないと思われますが、2万ドル乗せの後はトランプノミクスの成否を見極める期間に入っていくでしょう。トランプノミクスに関しては、最初は勢いがありそうですが、長期的(向こう1~2年)には必ず失敗=リスク回避と予想しています。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加