NEWS!
PICK UP!

【今週12/19-23為替相場見通し】海外勢のクリスマス休暇を意識した展開か?ドル円上げ止まりのサインはなし。日銀会合あり。小幅調整で終えるか?

20161219ドル円日足チャート 20160706外為オンライン
今週12/19-23為替相場見通しです。12/13時点のIMM円ショートは63,429枚へ急増となりました。やはり高いところを買い上げているのは投機筋という事でしょう。あとは買わなければならない玉を抱えた実需や機関投資家のみが、高いが買っているマーケット参加者と見て良さそうです。国内個人投資家の多くは、トランプ相場のドル円急騰局面で、売っては損切りを繰り返してしまったと見て間違いなさそうです。最新のIMMポジション12/13時点の翌日にはFOMCの結果が発表されており、ドル円は約3円水準を切り上げました。やはり短期間でドル買い+円売りはピークに達し、来年は余力がないと見るほうが現実的でしょう。ドル円ショートはトランプ就任後まで持ち続けられれば、かなり収支は改善するのかもしれません。いずれにしてもトランプ相場は1/20スタートではなく、1/20までで終了と見ています。今週は「海外勢のクリスマス休暇」を意識した1週間となります。20日に日銀金融政策決定会合があり、イベントはこれだけになります。11/9~始まったトランプラリーの小幅ポジション調整となりそうです。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加