NEWS!
PICK UP!

【FOMCドル高+米株安で反応】FF金利0.25%利上げ、2017年の利上げ回数2回→3回。大きなサプライズは無し。イエレン議長も特別なタカ派発言なく慎重。

20161215ドル円日足チャート 20160706外為オンライン
13-14日に開催されたFOMCでは、FF金利0.25%利上げ、2017年の利上げ回数2回→3回となり、おおむね市場予想通りの結果となりました。投機筋はタカ派に賭けていたのか、結果判明前からドルを買う動きがあり、その後も決め打ちでドルを買い上げて来たような値動きでした。ドル円は15日東京時間午前中に117.86まで上昇、ユーロドルでもドル買いが加速し一時1.05を割り込んでいます。この先は大きなイベントが無い事から、ドル円は週足NYクローズで上髭がつくか?ユーロドルは週末NYクローズで1.05をサポートするか?に注目すれば良さそうです。117円台まで来ると、国内個人投資家の売り手は、誰も生き残っていないと思われます。

小さめのポジションで塩漬けになっている方以外は、耐えられずに損切りをしたり、強制ロスカットが執行されているでしょう。相場は勢いがつくと、どこまでも行ってしまう事があるものですが、ドル円が1か月強で16円以上暴騰するとは予想出来ませんでした。ドル円は米大統領選以降、1回も本格調整をしていません。来週あたりからは上昇(ドル買い)の勢いが無くなり、1月にも本格的な調整が起きると見ています。今後数多くのサポートラインが上がって来るわけですが、一番最初にぶつかるのは日足雲の転換線かと思います。ポジションを閉じていくにしても、こういったサポートを迎えに行った場面で、少しづつ切って行きたいところです。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加