NEWS!
PICK UP!

【ドイチェ・ショック】独フォークス誌が独政府支援を否定!ドイツ銀行株が急落し、過去最安値を更新。イタリア含めた欧州銀行不安が表面化!

20160927ダウ先物日足チャート 20160706外為オンライン
26日週明けの金融市場では、破たん懸念が高まっているドイツ銀行に対し、政府が支援を否定したとの報道を受け、ドイツ銀行株が急落、過去最安値を更新しています。イタリアでも銀行不安が高まっており、日本もマイナス金利深掘りをしていけば同じ末路か。メルケル政権はこの問題に対し、救済しないと大問題だが、危機に陥っているネタがネタだけに、大手を振って救済も出来ないという状況に陥っています。和解金の支払い、低金利運用難、マイナス金利で収益低下、預金の引き出しと先が見えません。欧州銀行不安は、少し長引きそうな問題になっています。本日は東京時間10時から米大統領選第1回テレビ討論会が予定されています。全米で1億人視聴とも言われており、マーケット内外で注目が高まっています。選挙人獲得競争でトランプが勝つと考えている人はほとんどいません。内心では拮抗していないというのが現実です。英国民投票にも見られたように、人々の予想以上に現在の境遇に不満がある国民が多ければ、予想外にトランプ候補が台頭して来る事もあり得ます。トランプ大統領という現実味が出てくるのか、それとも大統領としては話にならないのか、討論会後の評価に注目しておきます。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加