NEWS!
PICK UP!

【ダウ177ドル高】米8月小売売上高悪化→9月利上げ観測後退、アップルと関連株の上昇、原油価格の上昇だけでやった相場。忍耐を試されている。

20160916ダウ先物日足チャート 20160706外為オンライン
◇相場では時として「とてつもない忍耐・我慢」を強いられます。まったく方向感のないドル円、誰も見ていないユーロドル、高止まりの米国株、ボックス相場の日経平均など、ここ数か月はどうにもならない相場環境です。ドルインデックスを見れば持ち合いは一目瞭然であり、直近市場では「FRBのスタンスが良くわからない。」と言われています。15日は「米8月小売売上高悪化→9月利上げ観測後退。」「アップルと関連株の上昇。」「原油価格の上昇。」が材料になりました。投資家らはもうこんな飽き飽きした材料だけでの売買にうんざりしている頃でしょうし、それが値動きに表れています。6/24ブレグジットでポンド相場が盛り上がって以降、夏枯れ相場からこのような環境が続いておりますが、年末までこのまま「うんざりする相場」が続くとは考えていません。必ず秋相場は盛り上がる場面があるというのが経験則です。来週は祭日に挟まれて日銀金融政策決定会合が開催されます。何か出るにしても、失望するにしても大きな動きになる可能性はあります。期待して待ちましょう。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加