NEWS!
PICK UP!

【FOMC利上げ時期への疑心暗鬼】今晩21:30米8月小売売上高を筆頭に経済指標が目白押し!来週FOMC待ちでも動きでそうな環境か?

20160915ダウ先物日足チャート 20160706外為オンライン
◇14日のNYダウは31ドル安で続落。ナスダックはアップルが牽引し、18ポイント高でクローズしています。直近のNYダウ・S&P500は悪いチャート形状になっているものの、節目の18,000ドルは保っています。来週FOMC待ちという見方もありますが、市場参加者が揃っているため、今晩の指標などを受けて、大きな動きが出ても不思議ではありません。21:30米8月小売売上高を筆頭に米経済指標と米長期金利、原油価格などに注目しておきます。米小売売上高は来週や12月の利上げ観測に、大きな心理的影響を与える可能性がある重要指標です。予想との乖離が大きかった場合には注意が必要でしょう。ドル円は日足雲下限でまた上値を抑えられており、これを上抜いていけるか、100円を割れてしまうか注目。日銀金融政策決定会合が20-21日に開催されることから、そろそろ持ち合いを抜けて来そうです。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加