NEWS!
  • 外為どっとコムが、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

【今週7/4-8為替相場見通し】米独立記念日~米雇用統計まで。投機筋は円ロング+ユーロ・ポンドショートの状態。ブレグジット受け緩和期待高まる!

20160704ポンド円日足チャート 20160704外為オンライン
◇今週7/4-8為替相場見通しです。週明けは米国が独立記念日のため休場、3連休となっています。最新の投機筋IMMポジションでは、円ロング+ユーロ・ポンドショートとなっています。市場ではブレグジットを受け、各国中銀の緩和期待がかなり高まっています。国内でもドル円が企業の想定レートと掛け離れた状態であることから、7月追加緩和実施は濃厚でしょう。ドル円は前年のこの時期と比べると、20円強の円高水準になっています。ブレグジットにより、これまでの主要3中銀(FRB、ECB、日銀)に加え、BOEの動向にも注目が集まっています。今回のブレグジットで、実体経済への影響が最初に出てくるのは英国でしょうから、英中銀の対応には注目しています。投資戦略はポンド戻り売り継続です。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero