NEWS!
  • 外為どっとコムが、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • LIGHTFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • LION FXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • JFX[マトリックス]が、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![期間限定]

  • GMOクリック証券が、米ドル円のスプレッドを0.1銭原則固定に![時間限定]

  • みんなのFXが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に![時間限定]

  • FXブロードネットが、米ドル円のスプレッドを0.2銭原則固定に!

PICK UP!

【カーニーBOE総裁金融緩和示唆にポンド急落】ボリス・ジョンソン不出馬にびっくり!ブレグジット・ショックからダウほぼ全戻しへ。材料の多い1日か?

gbpusd 20160624外為オンライン
◇30日はカーニーBOE総裁がブレグジットへの措置として、金融緩和を示唆する発言をしたことを受け、ポンド安+株高となりました。NYダウは235ドル大幅続伸により17,929ドル、英FTSE100は2%強上昇し強い動きを続けています。株式市場が安定してくる中、金融緩和が必要なのかは疑問ですが、市場で緩和期待が高まるのかどうかに注目しておきます。ポンドは戻り売りの最中であり、昨日は売り増ししていた分を急落で利食っています。本日は日銀短観、日銀盤コアコアCPI、中国PMI、米ISM製造業景況指数と重要指標が目白押しです。今後は日米欧に加えて、英中銀の金融政策にも注目していく必要があるでしょう。特に7月8月は総裁発言含めて注目ですね。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero