NEWS!
PICK UP!

【ジョー・コックス下院議員(残留派)銃撃】英国民投票へ向けたキャンペーンは休止!溜まっていたショートポジション一気に巻き戻し。

20160617ドル円日足チャート 20160511外為オンライン
◇16日は日銀が現状維持を決めたことを受け、買い手不在のなか売り仕掛けとなっています。ドル円は節目の105円を下抜けたことで、ストップロスを巻き込み急落。105円割れではヘッジ売りも出て来たのかもしれません。黒田総裁会見でも売り込まれ103円台半ばまで下落、年初来安値を更新しています。欧米時間はEU残留を支持する議員が、集会準備中に銃撃されるという事件が起きてしまい、17日のキャンペーンも中止となりました。この事件を受け溜まっていた「ポンド売り・円買い・債権買い・株売り」などのリスク回避ポジションが巻き戻しています。結末がどうなってしまうか不透明な英国民投票まで5営業日となりました。結果が出る24日まではポジション調整に終始する相場になりそうです。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加