NEWS!
PICK UP!

【ハト派FOMC→ドル円105.41】年1回の利上げ6人へ増加、ブレグジットも影響!日銀金融政策決定会合もブレグジット控えて何もできないとのコンセンサス。

20160615ポンド円週足チャート 20160511外為オンライン
◇15日夜中FOMCでは、年1回の利上げ予想が3月会合の1人から6人へ増加、中央値は年2回で変わっていないものの、明らかにハト派に傾いています。イエレンFRB議長はブレグジットも影響と発言しています。イエレンFRBは突然の利上げを避ける傾向があり、仮に7月FOMCで利上げが実施される場合には、6月雇用統計後にタカ派発言を強めて来るはずです。7月FOMC時点で、市場がまったく利上げを織り込んでいない場合には、今回同様に利上げは見送られるでしょう。本日は日銀金融政策決定会合の結果が発表されます。こちらもブレグジット睨みで動けないというのがコンセンサス。何も行動を起こさない場合、ドル円は105円トライとなりそうです。ドル円は英国民投票でEU離脱派勝利なら100円トライと見ています。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加