NEWS!
PICK UP!

【今週6/13-17為替相場見通し】運命の英国民投票10日後に迫る!世論調査に右往左往もリスク回避が優勢。投機筋ポンドショート一気に膨らむ。

20160613ドル円週足チャート 20160511外為オンライン
◇今週6/13-17為替相場見通しです。先週末は英世論調査を受けポンドが軟調、ユーロも売られ円が買われています。英欧中心のリスク回避により、株価は軟調、ユーロ円は120円を割り込み、日銀異次元緩和の円安分を吐き出しています。今週は来週23日に迫った英国民投票(24日に結果判明)を睨みながら米日金融政策が発表されます。FOMCでは追加利上げの可能性はほとんどなく、声明と議長会見で7月利上げを示唆するのか注目が集まります。日銀は「英国民投票を控えて動けない。」というコンセンサスがあり、仮に追加緩和に踏み切ればサプライズとなるでしょう。それでも積極的に円を売るには環境が悪いため、円安効果は小さいでしょう。この先2週間の為替相場は、英国のEU離脱厳戒態勢のなか、引き続き世論調査に右往左往するだけというイメージです。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加