NEWS!
PICK UP!

【原油高とFOMC議事録受けダウ上昇】WTI原油30.66ドル、イラン石油相も同調。FOMC年4回利上げペースの修正を議論→ダウ257ドル高、3日続伸!

20160218ダウ先物週足チャート 20160218外為オンライン
◇17日の欧米市場では、イラン石油相が原油生産量維持に同調する姿勢を見せたことを受け、WTI原油は30.66ドルへ上昇しています。FOMC議事録(1/26-27分)では、昨年12月に示唆していた年4回の利上げペース修正を議論していたようで3月利上げ観測が後退→ダウ上昇を後押ししています。今年は年始からドルが暴落しましたが、長期的に見ればまだまだドルロングに傾いており、今年後半へ向けてもドルの下落余地はありそうです。経済指標は、米1月住宅着工件数109.9万件(予想117.3万件)、米1月建設許可件数120.2万件(予想120.0万件)、米1月鉱工業生産+0.9%(予想+0.4%)でした。円高でもドル安でも下落圧力のかかってしまうドル円ですが、2016年は通年で昨年よりも5円以上低い水準で推移しそうな環境です。こうなると強烈な物価下押し圧力になりますから、年金リバランス等を利用してどのくらい持ち上げることが出来るのか大注目です。    

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は、必ずご自身で行って頂きますようお願い申し上げます。

Posted bydaytraderzero