NEWS!
PICK UP!

【ドラギバズーカ不発】資産買入れ増額無し、ドイツ勢の反対か?ポジションも偏り過ぎ、独DAX暴落+ユーロ暴騰!ドルインデックスも暴落、ダウ252ドル安。

20151204ユーロドル日足チャート 20151204外為オンライン
◆3日に注目を集めたECB金融政策は、中銀預金金利を0.1%引き下げ-0.3%へ、債券購入プログラムの期限を6か月延長、月額600億ユーロを据え置きとなりました。事前の市場コンセンサスでは、中銀預金金利を0.1%もしくは0.2%引き下げ、債券購入プログラムの期間延長、購入額の増額まで予想されておりユーロ相場も欧州株式市場もこれを織り込んでいただけに大きな失望売りで反応しています。特に「資産買入れ増額無し」はネガティブサプライズであり、メルマガで伝えていた通り全体的にドイツ勢の反対に遭った模様。もともと一枚岩ではないECBは今後も期待と失望を繰り返しそうです。10/22ECB理事会以降に売りが溜まっていたユーロ相場は、一気に巻き戻し400ポイント以上の暴騰となりました。トレンドが反転したというよりも10/22から売って12/3で買い戻すトレードが行われただけの印象。これで2015年のトレードを終えた海外勢は多そうです。独DAX指数は400ポイントの暴落、ドルインデックスは97.63へ暴落、NYダウは252ドル大幅安となりました。年内12/15-16FOMCが残りますが、この先はドルもユーロも難解でしょう。2016年を見据えてポジションを取るべきでですね。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加