NEWS!
PICK UP!

【米感謝祭控え薄商い】米12月利上げ→ドル買いの勢い鈍る!12/4米雇用統計以降はハト派発言のほうが反応大きくなるか?ユーロドル1.06台前半。

20151124ユーロドル日足チャート 20151124外為オンライン
◆23日は東京市場が休場、米感謝祭控えてNY市場も薄商いでした。目新しいニュースもなく12/3ECB追加緩和へ向けたユーロ売りと12/16米利上げ開始へ向けたドル買いがどこまで進むかを見るだけの1週間となりそうです。ドルインデックスは100ポイント手前、IMMユーロショートは16万枚台と溜まっており、動きが鈍くなってきました。ユーロドルは勢いで1.0まで下押しできなくもないと思われますが、今週~来週のうちに到達できないと(下押しの)時間切れになるでしょう。ドル円も123円台前半で足踏みとなっており、需給環境は良いものの投資家は買い上げていないと思われます。12月はドルの反落リスクのほうが高くなりそうです。指標では米10月中古住宅販売件数536万件(予想540万件)と小幅に予想を下回っています。今週は欧米当局者発言への反応などを確認しながら、引き続きチャートとポジションの傾きを確認するのみで良さそうです。為替市場で中心になっているユーロ売り+ドル買いがどこまで進むか見ていきます。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加