NEWS!
PICK UP!

【今週11/19-20為替相場見通し】テロでの下げは一時的、影響2週間程度か?週明けはユーロ円の売り中心にリスク回避から。

20151116ユーロ円日足チャート 20151116外為オンライン
◆今週11/19-20為替相場見通しです。先週末にマーケットがクローズしてから発生したパリ同時テロを受け、金融市場への影響がどの程度あるか見極める1週間となりそうです。一番の影響はフランス株となり、ユーロもある程度は売る参加者がいると思われますが、ユーロ売りはすでに溜まっている環境でどこまで下押しできるのか見極める事になります。為替相場では金融政策はトレンドを作る材料になりますが、テロは基本的にトレンドを作る材料にはなりません。あくまでも一時的なショックとなります。11/30~COP21がパリで開催されますが、市場としては1~2週間程度と短期間で影響が無くなるかもしれません。予定されていたイベントでは、本邦GDP、FOMC議事録、日銀金融政策決定会合に一応注目しておきますが、年内は12月1週目が最大の山場です。時間を追うごとにテロの影響が無くなってくるはずで、引き続きチャートとポジションの傾きに注目してポジションを作っていきます。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加