NEWS!
PICK UP!

【パリで同時テロ発生】オランド大統領非常事態宣言!フランス株は暴落、ユーロも一時的に売り込まれるか?厳戒態勢のなかCOP21開催するのか?

20151114ユーロドル日足チャート 20151114外為オンライン
◆パリ13日金曜日の夜に同時テロが発生しました。オランド大統領は非常事態を宣言し混乱しています。当然、フランス経済への影響も大きい事からフランス株は暴落となりそうです。通貨ユーロは一旦「フランス売り」の連想で時間外取引から売り込まれる可能性があります。それでも投資家が冷静になると今年は「欧州株安=ユーロ安」で連動していることから、ユーロの急落が長引くことは無さそうです。株式市場のリスク回避は「現金化もしくはディフェンシブ」しかありません。極端なリスク要因の浮上は「現金化もしくは空売り」という行動になるでしょう。週明けは注目されている本邦GDPが発表されますが、さすがにテロの話題で金融市場も持ち切りとなりそうです。11/30~パリで「気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)」が開催される予定となっており、緊張が高まります。テロに屈しないため厳戒態勢のなか予定通り開催となれば、これを無事に通過するあたりまで緊張状態となりそうです。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加