NEWS!
PICK UP!

【米雇用統計通過で材料難】引き続き欧米当局者発言受けての細かい値動きに終始か?チャートとポジションの傾きを毎日チェックするのみ。

20151111ユーロドル日足チャート 20151111外為オンライン
◆今週は米雇用統計を通過したことで、次の米小売売上高や12月の欧米金融政策まで大きなイベントがありません。10日はユーロ円の下落が主導してドル円の上値重く、ユーロドルも連れ安となっています。相場環境としては、12/3ECB緩和拡大→12/16FOMC利上げ開始で年内のコンセンサスは確定しており、欧米当局者からもこれを肯定する発言が続きそうです。米国サイドが以前と違い12月利上げ開始を示唆しながら、ドル高を懸念する発言を付け加えてきています。FRBは政策金利を0.25%づつ上げていき、良くて1%程度で利上げ頓挫、その後は一時的に利下げ観測が浮上するような展開が長期的には予想されます。やはり世界的な低インフレ+低賃金上昇のなか利上げを継続していくのは困難になるでしょう。日々チャートとポジションの傾きをチェックしていきます。

※当ブログの見解は、あくまでも管理人ZEROの個人的な見解です。最終的な投資判断は必ずご自身でお願いしたします。

このエントリーをはてなブックマークに追加